子供の教育資金は賢く準備しよう!
2016.10.26

subimg01一般的に小学校受験は公立と比較すると教育資金がかなりかかると言われています。事実私立小学校へ通っている子供の家庭の多くは経済的に余裕がある家庭です。ただ国立や私立小学校は一つだけではないので学校によって費用に差異があります。従って、多少年収が低い世帯であっても、その学校へ入学させるのを諦める必要はないと思われます。学費だけではなく、受験の準備のお金も必要になるとされています。たいていの場合、合格できるように塾に通わせますが、その費用も塾によって違いはあるものの、安くはないと言えます。私立小学校にしても塾にしても比較的安いところを選ぶに越したことはありません。しかし、学校のモットーに合った学校を探すことが重要なので、お金を無駄にしないようにするために選び方にも気をつけるようにします。

私立小学校に入学した後の費用の詳細ですが、授業料や制服代は言うまでもなく、教材や給食のための費用も存在しています。また部活動や学校のイベントもあるので、部活用の道具や修学旅行の費用もかかります。子供を私立小学校へ通わせるのであれば、入学した後のことも考えておく方が得策です。父母共に職場で働いているという家庭の中にはその小学校への受験をさせる家庭も存在しています。働いている職場や職種にもよりますが、その家庭であれば収入も多くなるので受験させやすくなります。またその家庭では託児所などに預けることがあるので、行動観察の対策になりお得です。状況によっては中学受験よりコストが低くなることもあり、有利になる可能性も出てきます。父母共に働いていて、収入にゆとりがある場合はいわゆるお受験にチャレンジするのも悪くありません。

塾に通わせることが一般的なので、小学校受験の準備にもお金がかかるというのは前に述べた通りです。ただ塾とは別に受験対策を行っている幼稚園も実在しています。文字通り受験に強く、私立小学校の合格実績があることは想像できますが、その幼稚園は入学前に受験が行われるという特徴があります。その幼稚園も有料であり、その上私立小学校のための塾に通わせるとなると費用が高くなります。その分受験のサポートは充実していますし、遊具も建てられています。お金に余裕があるのならば、その幼稚園に通わせるのも手ですが、通っていないからといって合格できないという訳ではありません。工夫次第で費用を抑えたまま子供を私立の小学校に合格させることもできます。

▲ ページトップへ