合格する家庭の親の在り方
2016.10.26

subimg03学歴社会の様相が強くなってきている世の中において、早いうちから受験を経験させることも重要になってきています。社会で成功を収めるには学歴だけではありませんが、早い段階からのシステムを利用することによって、生活の基盤ができるということはわかっています。特に小学校受験では、子供の視点よりも親からの視点ということでは、前もって準備などをしていくことが大切になることも多いといえます。合格する過程において、まずは考え方をもってやっていくことです。考え方と心構えがしっかりとしていると物事を進めることが楽になってきます。

ポイントとしては、子供の知識よりも感受性を高めるための経験をさせることが大切だとわかることになります。知識というのは、小学校に入学してからもつけることができますが、感受性というのは子供の幼児期に体験させることによって備わってくることになります。どのようなことに感動して、そして子供が行動をし始めるかというのは、まずは資質的な部分が大きくありますし、他の子供とのコミュニケーションをとって協調性をつけていくことは、幼児期によって養われていくことになります。感じることを優先させることで、小学校受験での合格という目的が見えてくるようになってくるといえます。

そのほかにも親としての在り方という意味では、安易に感情的なしつけをしないということがあります。何か家庭内でうまくいかなかったことがあると、すぐに子供に八つ当たりする人がいますが、これは小さな子供でもどのような状態になっているか感じ取っていることが多いです。そのために、今の状態が理不尽であればあるほど、人の顔色を伺うような子供になっていきます。その子供が積極的になれないのは、両親を見ているからに他なりません。そして、行動をするときには子供との対話や感情面で気をつけるようにして、のびのびと活発に開放してあげることが一番です。可能性を伸ばしてあげることが時期的にも必要になりますし、チャレンジすることの楽しさなどは考え方や心構えという面において重要度が高いということを知っておくことです。心のことを考えると、小学校受験では必要がないと考える人もいますが、知識よりもまずは土台となる人の中身ということでは、考えなくてはいけないことになっています。その意味を理解して家族でチャレンジしていくと、たとえ失敗をしても経験が強みになることが財産となっていきます。

▲ ページトップへ